白孝屋-SHIRATAKAYA-
数百年を数百円で。

長崎県平戸市の名産品「川内かまぼこ」は、
平戸の川内浦と言う小さな漁村が発祥の伝統のかまぼこ。
現在の形のように作られはじめたのは
明治後期から大正初期にかけてと言われていますが、
そのルーツは古く、一説には平戸オランダ商館時代とも考えられています。
白孝屋は、創業以来受け継がれてきた伝統の製法を頑なに守り、
歴史ある平戸の食文化を
お求めやすい価格で皆さまにご提供させていただいております。

白孝屋のかまぼこには旬がある。
白孝屋のかまぼこには旬がある。
旬のおすすめ商品 今月の商品は

黒あなご蒲鉾

弾力があり、あなご特有の旨味が特徴。
一般的に調理が難しいとされる黒あなごですが、研究に研究を重ね逸品に仕上げました。